次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画(酪農学園)

学校法人酪農学園では、教職員が仕事と子育てを両立することができ、教職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての教職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  • 1. 計画期間
    2020年4月1日から2025年3月31日までの5年間
  • 2. 計画内容
    1. 目標1 「年次有給休暇取得率の向上」
      【対策】2020年4月~
      ・管理職が率先して年次有給休暇を取得し、他の職員に積極的な取得を促す。
      ・計画的な年次休暇の取得を促進するため、定期的な周知等で取得を促す。
    2. 目標2 「妊娠、出産、子育てに関する諸制度の活用率向上及び男性教職員の出産休暇、育児休業の取得促進」
      【対策】2020年4月~
      ・妊娠、出産、子育てに関する諸制度、出産休暇、育児休業の周知及び情報提供に努め、利用しやすい職場風土の醸成を図る。
    3. 目標3 「時間外労働時間の削減」
      【対策】2020年4月~
      ・業務の見直し、分析及び工夫を図り、業務の簡素化、合理化を進める。
      ・ノー残業デーの周知を行い学内の意識啓発を促す。

女性活躍推進法に基づく行動計画(酪農学園)

女性の職業生活における活躍の推進に関する取組の内容として定めた事項

  • 1. 計画期間
    2016年(平成28年)4月1から2021年(令和3年)3月31日
  • 2. 達成目標
    家庭と職場を持つ女性に対し、両立支援体制の充実を通じて、管理職に占める女性割合を30%以上となるよう目指します。
  • 3. 計画内容
    1. 女性職員をはじめとした教職員が仕事と子育てを両立させることができ、その能力を十分に発揮できるような働きやすい職場環境の構築に取り組んでいく。
    2. 組織として性別によらず個々の能力と意欲を重視した人事を実施する。
    3. 管理職の労働時間が長く、ワーク・ライフ・バランスに問題があると成長意欲や昇進意欲を低下させる場合があるので、管理職の労働時間について考える。
    4. 各種研修・教育機会への女性職員の参加を推奨する。

女性の活躍に関する情報公表

当学園は育児・介護休業の整備等により継続就業を支援しており、有給休暇は時間単位で取得することができ、子育てのニーズに細かく対応できるようにしています。
それにより、出産育児を理由とした退職はなく、長期的なキャリア形成が実現できる環境が整備されています。さらに、安心して上位の職責にチャレンジできる方策を検討していきます。

管理職に占める女性労働者の割合
女性の管理職数 6人
管理職数 24人
管理職に占める女性労働者の割合 25.0%

(平成28年3月1日現在)